基本解説

ポイントサイトで得たポイントをマイルに交換する流れ【閉鎖済:旧ソラチカルート】

ポイント交換経路

※この記事は約 6 分で読めます。

マイルを貯めるにはポイントサイトの活用が不可欠なのですが、このポイントサイトで得たポイントをどのようにマイルまで持っていくのかについてまとめてみます。

※2018年3月までの旧ソラチカルートについて解説しています。
4月以降については当ルートは使えませんのでご注意ください。

大まかな流れ

流れをざっくりと書いてしまうと、以下のような流れとなります。

ポイント交換経路

まずポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチなど)のポイントを中継サイト(ドットマネー、PeX、Gポイント)のポイントへ換え、そこからメトロポイントに換えて最後にマイルにします。

各ポイントサイトからマイルへ直接換えたりもできるのですが、交換率が0.5倍程度と著しく低くなりますので、メトロポイントを介して0.9倍でマイルに換える、ソラチカルートを前提に進めていきます。ソラチカルートについては下の記事内に説明がありますのでよくわからんという方はこちらを読んでみてください。

ポイントサイトのポイントを中継サイトのポイントへ交換する

まず各ポイントサイトから中継サイトのポイントに交換を行うのですが、なぜこの中継サイトを挟まなければいけないのかというと、これらのポイントサイトから直接メトロポイントへ交換を行う事ができないからです。つまり、ポイントサイトから交換できてメトロポイントに交換できるサイトが中継サイトと呼ばれる3つのサイト(ドットマネー、PeX、Gポイント)しかない、ということです。

言ってしまうと、この中継サイトも、本来ポイントサイトの機能を持っているのですが、ポイントサイトとしてポイントを貯めるには還元率がよろしくないのであまり使われず、メトロポイントへの交換ができるという特殊な(?)スキルによってのみ利用価値を見出されている少し不遇なサイトなのです。

ここの最初の交換作業については特に難しいこともなく比較的短期間で交換が完了します。
早ければ即時反映、ちょっと遅めでも数営業日以内には交換が完了します。

ポイントサイトによって扱いが異なり、直接中継サイトのポイント口座へ振り替える場合と、ギフトコードを発行して自分で中継サイトへコード入力を行う場合があります。

ちょびリッチからドットマネーへの交換作業について手順記事を上げていますので良ければどうぞ。

中継サイトのポイントからメトロポイントへ交換する

中継ポイントへの交換が終わったら今度はこの中継サイトからメトロポイントへの交換を行います。ここは結構曲者で、移行の反映には決まりがあり、時間も結構かかります。

公式には1~2ヶ月としか書かれていませんが、毎月15日までに交換手続きされたポイントが集計されて翌月11日ころにメトロポイントに反映されます。公式には書かれていなかったので実は少し疑っていたのですが、たまたま16日に交換申請していたので予期せずこれを確認することができました。

メトロポイントの締め日確認

左側はドットマネーの通帳履歴の抜粋です。ちょっと見にくいですが下から2番目が1/11にメトロポイントへ交換申請した分、一番下の段は1/16に申請した分です。

あわよくば16日の分も1/15締めに含まれていたらなーと当時は思っていたんでしょうが、そんな希望は儚くも砕かれています。

もちろん右側はメトロポイントの履歴ですが4,000ポイントしか移行されていないのがわかるかと思います。シビアですね。

右の通帳ではメトロポイントへ交換した日付があたかも1/31であるかのように記載されていますが実際に私がメトロポイントへの加算を確認できたのは2/11です。15日締の11日反映というのは間違いないようです。

ポイントサイトを使い始めて間もない初移行のときのものなので
「ポイント少ねえなオイ」
というツッコミはご容赦くださいね。

ドットマネーの交換手順についてはこちらの記事をご覧ください。

メトロポイントからマイルへの交換

メトロポイントへの交換が完了したらいよいよマイルへの交換です。
こちらも締め日は15日と言われています。マイルへの反映は翌月5~10日頃になります。

ここでの交換の際に注意する点がいくつかあります。

まず、月に1回しか交換申請ができません

メトロポイント交換注意事項

下線部にしれっと書いてありますね。ちょっと日本語のつながりがおかしい気もしますが月1回の制限に変わりはありません。

先程締め日は15日らしいと書きましたが、これは月1回しかマイルへの交換ができない関係上、検証のために16日に交換申請をするリスクが取れないためです。
15日に交換して16日にも交換ができないのであれば15日に交換せずに16日に交換しなくてはいけません。
そうすると16日交換分を含まずに締められた場合、翌月にマイル化されるポイントはゼロとなってしまいます。このリスクを背負う勇気は私にはありません。コワイ。

メトロポイントが中継サイトポイントからの移行で加算されるのも月1回(11日)だけですので、こちらを確認したらすぐにマイルへの交換手続きをしてしまうことをお勧めします。乗車ポイントはオマケのようなもので数日の間に劇的に増えることもありませんので無視して構わないでしょう。

そしてもう一つ大きな注意点があります。
メトロポイントからマイルに換えられるのは月20,000ポイントまで

つまりソラチカルートで1ヶ月でマイルに換えられるのは0.9倍の18,000マイルまで、ということになります。まあ社畜が片手間で貯める分にはそんなに神経質になる天井ではないのですが、ポイントサイトを始めた年などはFXの案件があったりで一時的に引っかかる事はあると思いますので気をつけておくに越したことはないと思います。

ただ、100%還元案件などをガンガン消化したり、モニター案件を毎週消化したりする予定の方は毎月この天井に悩まされることになると思いますので、この月2万を意識して進めていくことになるかと思います。うらやま。

ポイント交換の流れまとめ

これで晴れてポイントサイトからマイルへの交換は完了です。

ソラチカルートを前提としたポイント交換についての注意点は、

  • 結構時間がかかる。

15日までに申請したポイントが翌月11日にメトロポイントに、それをすぐ申請してもマイルになるのがその翌月5日以降。最短で約2ヶ月という時間を取られることになりますね。途中で締め日を越えてしまうと3~4ヶ月かかることもあります。

  • メトロポイント→マイルの交換は月に1回のみ

試しにちょろっと交換したりということができませんので、スケジュールを決めて毎月まとめて交換するようにしましょう。11日にメトロポイントが加算されますのでそこで確認してすぐ交換というパターンで問題ないかと思います。

  • 天井が決まっている

たくさん稼ぐ人はこの月2万ポイントに歯痒い思いをしていることかと思います。よく目標として上げられている「216,000マイル」というのは、このソラチカルートで月18,000マイル×12=216,000 から来ている数字です。

駆け足で流れを説明してきましたがこんなところでしょうか。締め日以外は難しいことはありませんのでやっていけば問題なくこなせると思います。

ではまた!

 

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


ABOUT ME
NECOMUG
NECOMUG
社畜のおっさんですが地道にゆるくマイルを貯めています。 最終的な野望は根室遷都ですよ。