陸マイル活動

初のハピ友に感謝。何事も諦めてはいけない。

※この記事は約 7 分で読めます。

先日、初めて私にハピ友ができました。
先輩陸マイラーの方にしてみれば、しょぼい成果ではしゃいでいる痛いおっさんなのかもしれませんが、泣くほど嬉しかったので記事にして報告した次第です。

 

「現在、ハピ友はいません」が消えた!

このブログを読んだことのある方はご存知の通り、陸マイラーブログとしては新参で、解説記事や紹介記事も出揃っておらず、ちゃんとしたブログとしての体裁も整っていない零細ブログです。
しかも、新参のくせに毎日更新どころか、週1~2回ほどの更新で疲れ切ってしまう体たらくです。

本当は毎日更新を続けるのと並行して裏で解説記事などを積み上げていかなければならないのですがなかなか難しいですね。
これをちゃんとやっているブロガーの方はほんと凄いと思います。

そのくせいっちょ前に「ハピ友増えないかなー」とか思ってたまにハピタスのマイページをチェックしたりしている図々しいおっさんです。
まあ決まって「現在、ハピ友はいません」という悲しいメッセージが表示されるだけだったのです。

ところが先日、夜ふとハピタスの表示を見てみると、

ハピ友一人ゲットできてた

なんと!ハピ友の欄に「1人」の表記が!

リアル知人にはハピタスの紹介などは行っておりませんので、紛れもなくこちらのブログ経由でハピタスから登録してくださった方がいるということです。うおおおおお!

思わず寝ている妻を起こして、「ハピタス登録とかしてないよな?」とか聞いてしまいました。
「はぁ?何それ?(怒)」との回答です。
まあ妻は現段階でこのブログの存在を知りませんので当たり前といえば当たり前なのですが。

まさかこんなに早くハピ友ができるとは思っていませんでしたので驚きです。
「半年で早いとか雑魚wwwww」
と思われるかもしれませんが、社畜が超スローペースで更新している零細ブログですから個人的には充分早いと思っています。
働きながら毎日更新して紹介ザクザクな超人の方々は生暖かい目で見守って下さい。

ルートを推測してみる

もう紹介数百人という方はいちいちどこから来たのかなんて気にも留めないと思いますが、初めて登録してもらった身としては何が奏功したのかが気になってしまうのが人情です。
多分これだ、というのを綴ってみます。違ってたらスミマセン。

どの記事が入口になった?

5月下旬くらいから、「西友」と「改悪」の組み合わせでの検索流入が少し増えていたのですね。
私は5月13日に、西友がポイントサイトから消えた愚痴記事を書きました。

これはポイントサイトから西友のショッピング案件が消えたことを嘆く記事でしかありません。
しかしその後の5月24日、西友倉庫館がリニューアルという名の改悪を行ったのですね。
リニューアルの内容についてはこちらの記事にまとめてありますのでよろしければご覧下さい。

その改悪についての内容を調べるべく「西友」「改悪」で検索した私と同じ西友ヘビーユーザーがいたわけですね。
と言ってもビッグキーワードとかではなく、1週間に5~60回程度の小さなキーワードです。
このワードを狙って記事を書く意味もなく実際そんなに書かれていませんので、なんと西友のリニューアル内容にほとんど触れていない私の愚痴記事が検索1位をとってしまっているんです。

私の予想ではこの西友記事が入口になったのではないかと踏んでいます。

入口はわかった、ではその後どうした?

西友の改悪というタイムリー(かつニッチ)なワードで訪問者を(わずかに)増やした私のブログですが、所詮愚痴記事ですのでハピ友登録など全く考えていませんでした。

しかし、ブログ村からの流入が終わったあともジワジワとPVを増やしていく西友愚痴記事に何かせねばなるまいと考えました。
そんな時に思い出したのが、そうテラヤマアニ大先生のこの記事です。

こちらの記事で書かれていることは、この時まさに自分の身に起こっていることそのものです。
この記事を読んでおきながらここでただジワジワと検索流入が増えている状態を指を咥えて見ているだけだとしたら私はただの馬鹿です、グズです、ウスノロです。

幸いにも私はそこまでの馬鹿ではなかったので、多少無理矢理ではありますが、記事後半部にハピタスの紹介記事へのリンクを差し込みました。
この紹介記事の出来映えはともかくとして、ブログで何らかの利益を享受しようとするために最低限必要な行動を取ることができたと思っています。
多分ここで何もせずにスルーしていたとしたら、またこの先もしばらく紹介とは無縁のオヤジ日記を漫然と垂れ流す作業が続いていたことでしょう。

何事も諦めずにやってみるものですね。

西友ユーザーは私も含めて、物をお得に買いたいという意識はそれなりに強いでしょうから、ポイントサイトの存在に興味を持ってくれそうな方たちではありそうです。
ただ、検索流入の規模が小さすぎるのと、ポイントサイトを既に使っている割合も多そうだったので、正直ハピ友登録をしてもらえる自信は全くありませんでした。
なので「すべきことをやって結果が出た」みたいな風を装って上の記事を書きましたが、今回の結果には非常に驚いております。

登録してくださった方、本当にありがとうございます。

水たまりでもいいじゃない

ちなみに今回の「西友」「改悪」のキーワードですが、この記事を読んで狙いにいってもおそらく無駄です。

「後発じゃ俺には勝てねえぜ」とかそういうかっこいいことではなく、単純に労力に見合わないからです。

私は元々西友ドットコムのユーザーで単純に愚痴を誰かに聞いて欲しくてその記事を書きました。
その記事に(私のブログとしては)意外と検索流入があったのでしれっとハピタスのリンクを挟んだわけです。
それがたまたまハピ友に結びついたんですが、正直狙い撃ちする甲斐があるほどの市場規模はありません
ましてや西友ユーザーでない人は、改悪前とかについても調べなきゃいけませんからね。

そして残念ながら、ただでさえ少ない検索流入は遠くないうちにほぼなくなります
西友のリニューアルについての記事なんて賞味期限はそんなに長いものではありません。
西友ユーザーが改悪に驚いてGoogle先生に助けを乞う期間なんてせいぜい1~2ヶ月がいいところです。

にじおや (id:nijihaha)様の言葉をお借りするなら、これは紛れもなく「水たまり」ですね。しかも極小の。

でも私はこれでいいと思っています。
そりゃあ恒常的に検索流入が期待できるビッグキーワードでブルーオーシャン探し当てられればそれに越したことはありませんが、そんなものは今さらあるのかどうかも疑問です。
ならば小さな水たまりでも数で勝負するというのも立派な手だと思うわけですよ。

ニッチなテーマで記事を書けば競争も減って検索上位に食い込む可能性も上がります。
それがポイントサイトとの親和性が高ければ文句なしです。
それほど親和性が高くないとしても動線を確保することでわずかながら可能性は上がります。
ただまあニッチなテーマを探すのに時間を費やしすぎるのはどうかと思いますので、自分の生活にある程度関わっている事柄のほうが効率的に記事を書けるのではないでしょうか。
私の場合は西友ドットコムがまさにそれだったので偶然でも良い結果が得られたのだと思います。

まとめ

  • ハピ友の登録してくださった方ありがとうございます
  • 後発組でも水たまりを増やすことで道は開ける(かも)
  • 検索流入が確認できたら紹介記事へのリンクはダメ元で差し込むが吉
  • 結局いい年したおっさんがハピ友にはしゃいでるだけの記事

こんな感じです。
並べてみて気づきましたが中身があんまりないですね。

まあ喜びを報告するのが目的でしたのでその辺は大目に見てくだされば幸いです。

ではまた!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


ABOUT ME
NECOMUG
NECOMUG
社畜のおっさんですが地道にゆるくマイルを貯めています。 最終的な野望は根室遷都ですよ。