陸マイル活動

「POINT WALLET VISA PREPAID」を発行したけど「優待ポイント」って大丈夫なの?

POINTWALLETVISAPREPAID

※この記事は約 12 分で読めます。

モッピーでPOINT WALLET VISA PREPAID なるプリペイドカードを発行してみました。今回はそんなお話です。

※2018年2018年10月1日追記
「優待ポイント」制度については2018年10月31日15:00をもって終了となります。
記事内容については当時の雰囲気をお楽しみ下さい。

 

POINT WALLET VISA PREPAIDとは何ぞや

POINTWALLETVISAPREPAID

モッピーの運営会社である株式会社セレスが発行するVISAのプリペイドカードです。
世界にあるVISA加盟店にて、クレジットカード感覚で利用できるのですが、プリペイドカードですので残高をチャージしてその範囲内でのみ利用が可能です。
また、クレジットカードではないので原則審査落ちするようなことはありませんし、15歳以上であれば収入のない人でも発行が可能です。

モッピーのポイントからチャージ可能

通常プリペイドカードは現金やクレジットカードからチャージするものですが、ポイントサイトを運営する会社のカードだけあってポイントサイトのポイントから直接チャージすることができます。

チャージできるポイントサイトは、セレスが運営する「モッピー」、「モバトク」、「お財布.com」の3種類です。
これらのサイトで貯まったポイントをそのままチャージに使えるということですね。

利用金額の0.5%がポイント還元

掲題の通りですが、利用金額200円につき1ポイントが、ご利用のポイントサイトのポイントとして還元されます
これはプリペイドカードとしては悪くない還元率ですが、やはり高還元クレジットカードの還元率と比べると見劣りしますね。
プリペイドカードはクレジットカードと違い、リボ払い手数料などの原資がないのでどうしても還元率が低めに設定されてしまいますのでこれは致し方ない部分かと思います。

まあそもそもプリペイドカードは
「使いすぎるのが怖いからクレジットカードはちょっと…。でもレジ前で小銭をジャラジャラやりたくない」
という人に適したシステムですので、それで0.5%還元があるだけでもいいのかな、という気もします。

POINT WALLET VISA PREPAIDを発行した理由

上記で説明したように、高還元のクレジットカードに比べてこれといった優位性に乏しいプリペイドカードなのですが、私がこれを発行した理由があります。

  • モッピー経由の発行で300ポイントもらえる

審査などの手間もなく初期費用も年会費もかからずに300ポイントです。
クレジットカードと比べてしまうと少ないですが、与信審査はなく多重申込の心配もありませんのでクレジットカード案件とは全く別のものとして考えると悪くないと思います。

  • モッピーの「優待ポイント」の条件になっている(2018年2018年10月1日で優待ポイントは終了)

モッピーのサービスに「優待ポイント」なるものがあります。
優待ポイントについては後述しますが、300ポイントよりもこちらの方が発行した主な理由です。

※優待ポイント制度は2018年10月31日で終了予定です。
現在はJALマイルドリームキャンペーンの参加条件に当カードの発行が必要になっています。

モッピーの「優待ポイント」とは

※くどいようですが優待ポイントは2018年10月31日で終了です。
以下は当時の雰囲気をお楽しみ下さいね。

普通は案件消化からポイント獲得までが長い

通常、ポイントサイトを経由して買い物をしてから実際にポイントとして還元されるまでには、数週間~数ヶ月の承認待ち期間が設けられています。
この間にポイント獲得条件を本当に満たしているかなど、ポイントサイトや広告主が精査するわけですね。

この承認待ち期間が長いというのは、ポイントサイトを使う人の心を折るには充分な長さだと思います。
「さあ今日からポイントサイトで小遣い稼ぐぞ!マイル貯めるぞ!」
と意気込んだはいいものの待ち時間が長すぎてその間にモチベーションなんてどんどん下がっていくわけですよ。
ある程度ポイントサイトを利用している人ですら長いと感じるわけですから、始めたばかりの人がそんな長い時間待たされようものなら、
「全然ポイントにならない!やっぱりポイントサイトなんて怪しい!詐欺だ!」
と憤って敵に回ったとしても不思議ではありません。

その期間を短縮するのが優待ポイント

モッピーの「優待ポイント」は、限定的ではありますが、その待ち時間を大幅に(最短5分)短縮することができます。
例えば私がよく利用する「LOHACO」の場合だと、

モッピーLOHACO広告

通常ポイント獲得時期が「入金後150日」なのに対し、優待ポイントだと1日程度へと大幅に短縮されています。
5ヶ月後とかもう忘れてますからね。仮に無効になったとしても気づかないくらいに時が流れています。

これが1日となれば、有効無効を気にする間もなく獲得となっています。
私は通常1.9%(倉庫火災前は4%にアップしたりしていました)還元のハピタスでLOHACOを利用していましたが、モッピーで同程度の還元率になっているときがあればモッピー経由ですぐにポイント化される方が嬉しいのではないでしょうか。
まあハピタスにはお買い物保証制度がありますのでどちらに重きを置くかは個々人の判断になるでしょう。

この優待ポイントを利用することができるようになるために必要な条件とされているのが、「POINT WALLET VISA PREPAID の保有」ということになります。
これはPC会員だろうが本会員だろうが関係なくPOINT WALLET VISA PREPAIDの有無で優待ポイントの利用可否が決まります。

ちなみに優待ポイントの獲得上限は月10,000ポイントまでです。
10,000ポイントを超えるポイントを含む案件については丸ごと通常のサイクルでの獲得となりますので、上限が近い場合や、還元率が高めの案件を行う際には注意が必要です。
例えば、8,000ポイントを既に獲得した状態でさらに2,500ポイントを獲得した場合、500ポイントだけ後回しになるわけではなく、2,500ポイントまるまる後回しです。

POINT WALLET VISA PREPAIDの発行手順

まず、ポイントサイト「ッピー」の登録がまだの方はこちらからご登録下さい。
モッピーについてや登録方法などはこちらの記事で解説していますので躓きたくない方はこちらをご参照下さい。

あわせて読みたい
モッピーキャラ画像
JALマイラーを狙い撃ち「モッピー」のメリットデメリットポイントサイト「モッピー」についてそのメリットデメリットを解説しています。さすがポイントサイト主体で東証1部に駆け上がっただけあって戦略眼は抜群です。...

登録済みの方は、こちらのページから登録に進みます

某女性
某女性
いきなり登録ページに飛ばされるのはいいけどさ、そのページはモッピーのどこにあるわけ?

という疑問が湧くと思います。
このページ、実は結構わかりづらいところにあります。
モッピーのサイトをずーーーっと下へスクロールしていくと、項目別のリンク集らしきものがあります。

ッピープリペイド関連リンク

そのリンク集の右下あたりに、「プリペイドで貯める」という項目があります。
POINT WALLET VISA PREPAID 関係のリンクはここから飛ぶことができます。
申し込む場合はもちろん「申し込みページ」から飛べます。
正直わかりにくいですね。探すのはものすごく苦労しました。
ちなみに、広告主がいての広告案件とは少し趣が違いますので、広告検索 POINT WALLET VISA PREPAID を探してもヒットしません。実践済みです。

そして飛んだ先のページを少しスクロールすると、画面下部に申し込みページへの追跡リンクが出現します。

wallet申込手順02

そこをクリックすると、モッピーのサイトから株式会社セレスのサイトへ飛び、ページからモッピーっぽさが消えます。

wallet申込手順03

メールアドレスを聞かれるので普通にこのカード用に使用するメールアドレスを入力すればOKです。

wallet申込手順04

その下に利用規約がありますので、読んで問題なければ次へ進みましょう。

wallet申込手順05

先程登録したメールアドレスに仮登録メールが届きます。
記載のリンクをクリックして本登録ページに飛びます。

wallet申込手順06

登録情報の入力画面に飛びますので、自分の情報をそのまま入力していけばOKです。

  • 氏名(漢字、カタカナ、ローマ字)
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号、住所
  • 電話番号
  • 追加のメールアドレス(任意)
  • DM、メルマガ配信可否
  • カード暗証番号
  • ログインパスワード

これらの情報を入力しますと次は本人確認書類の提出です。

wallet申込手順07

上のリストで、どの証明書類を提出するのかを選び、そのデータをアップロードします。
裏面も提出する場合は下の「本人確認書類2」から同様にこなします。
免許証の住所変更を行った場合は裏に新住所が記載されますので、その場合は裏面を「本人確認書類2」の方へアップロードする必要がありますね。
終わったら右下の「次へ」をクリック。

wallet申込手順09

これで登録は完了です。

wallet申込手順10

先方からこんな感じのメールが届きますので、カードが届くのを楽しみに待ちましょう。

そしてカードが届く前に、ポイント通帳にて優待ポイントの対象である告知がされるようになりました。
まだ使う機会は訪れていませんがこれは嬉しいですね。
「あなたは優待ポイントがご利用いただけます」という日本語はおかしい気もしますがまあ細かいことはいいでしょう。

優待ポイント利用可能通知

ちなみにポイント数を黒塗りにしてあるのは晒すのが恥ずかしいくらいのポイントしか貯まっていないためです。

優待ポイント、大丈夫?

これは私が勝手に心配していることではあるのですが、この優待ポイントの制度って結構危なっかしい感じがしませんか?

キャンセルや変更で購入金額が減ると?

例えば、高額のして優待ポイントを1,000ポイント獲得したとします。
その後キャンセルした場合もしくは注文内容の変更で購入金額が増減した場合、ポイントの扱いはどうなるんでしょうか?
キャンセルによりポイントの取消をされるとしても、既にそのポイントを使って換金なり交換なりを済ませてしまっていた場合は通帳上マイナスになるんでしょうかね?

マイナスになるとした場合、経常的にモッピーを利用している我々のようなユーザーについては問題ないかと思います。
先取りしてしまったポイントを別の案件で返済するだけの話ですので。

しかし、始めて間もないユーザーだと、次の案件に取り掛かる前にいきなり借金を抱えてしまったような感じになりますので、返済に嫌気してモッピーから離れてしまうことも考えられます。
または、強制退会上等でマイナスを作って脱兎する輩も現れるかもしれません。
さすがにそこまでしたら損害賠償とかになりそうですが…。

逆にマイナスにならない場合は、差額ポイントをモッピー側で立て替えることになりますよね?
その立替分をある程度モッピー側が見込んでいることになりますが、想定以上にキャンセルや変更が発生した場合や、詐取目的の悪い輩が出た場合はもう優待ポイント制度の存続すら危うくなりそうな気がします。

やむなくキャンセルと悪いキャンセルの線引は?

これもかなり難しいと思います。
もちろん悪い輩がキャンセル詐取をわかりやすくめちゃくちゃにやりまくればすぐに露呈して、なんぼでも厳しい措置をモッピー側が取ることは可能です。
でも悪い輩はわかりにくくキャンセルをすることも可能なわけですよ。
ですのでモッピー側がどこかで線引をしなければいけなくなるわけですが、これをどうするかってなかなか難しいのではないでしょうか。

回数や頻度で線引をすると、悪い連中が「◯回まではOK!」とラインを攻めてくる事も考えられますし、逆に悪いことを考えていない人達は「万一キャンセルになったら強制退会あるで」と怖がって利用しにくい状況になり、最終的には優待ポイント自体が悪い輩のための餌場になる可能性だってあるわけですね。

線引がモッピー側にあったとしてもそれを公開することはそれはそれで問題があります。
悪質な不正の基準を公開したらそれ未満は不正であってもお咎めなしと公表することに他なりません。
ですので、最終的には「モッピー側(モッピーか広告主かASPかはわかりませんが)が総合的に判断する」というところに落ち着きそうな気がします。
精査は大変そうですがその意味でも大丈夫なんでしょうか?

優待ポイントの扱いについて問い合わせしてみた

ここでどうなんだどうなんだと騒いだところで結論は出ないことは確かなので、モッピーに問合せをしてみました。
質問は下記2点です。

  • 付与後にキャンセルしたらマイナスとかになるの?
  • 普通のキャンセルと不正の線引はどんな感じ?

この2点について差し支えない範囲で教えてほしい旨送ってみました。
お忙しい中モッピーさんありがとうございました。

さて回答の内容ですが、非常にシンプルなものでした。

お問い合わせの『優待ポイント』につきまして、悪質なご利用ではない場合は、現在のところ特に減算等の対応は行っておりません。

回答内容についてはこの一文のみです。
結論としましては、キャンセルや金額変更があっても原則優待ポイントの減算はないそうです。
よって通帳がマイナスになるようなことは通常なさそうです。

通常キャンセルと不正の線引きに関しては、まあ教えてはもらえないだろうとは思っていましたが、結果スルーでした!
ただこの一文から読み取れる内容はいくつかあります。

  • 悪質な利用かどうかの判断自体は行う。ただし基準は秘密。
  • 悪質な場合は減算を行う可能性は否定しない。
  • 通常のキャンセル等でも、現在は減算対応をしていないが、今後行う可能性は否定しない。

こんなところでしょうか。

悪質な利用の判断は(当たり前ですが)モッピー側できっちり行うようですが、やはり判断基準はブラックボックスですので、本当に止むを得ないキャンセルだったとしても不正認定される危険性は払拭できませんね。
まあ気にしすぎと言われてしまえばそれまでですが。

キャンセルや購入金額の減額などに関しては、おそらくモッピー側である程度許容範囲を決めていて、それを大幅に超えてくることがあれば減算対応も視野に入れている感じに見受けられますね。
あまり負担が増えて還元額に影響が出なければいいんですが…。

現在のところ減算対応はなされないということなんですが、キャンセルとかしちゃった場合はポイントは不当利得になってしまうので、ごく個人的な希望を言わせてもらえば、マイナスになってでも最終的に帳尻が合うようにしてほしい、というのが本音です。
なんか借りを作るみたいで気持ち悪いですからねえ。

ただこの懸念については、変更やキャンセルが発生しやすく高額になりがちな旅行案件を優待対象から外したことである程度緩和されてはいるようです。
通常のネットショッピング程度であればポイント目的の悪質なキャンセルは旅行などと比べて悪目立ちしますからね。

モッピーの優待ポイント制度まとめ

  • 優待ポイントなる制度をモッピーが開始
  • 利用上限は月10,000ポイント
  • 条件はPOINT WALLET VISA PREPAID の保有
  • プリペイドカードなので与信審査はなし
  • 優待ポイントは悪用されないか勝手に心配
  • 問い合わせしてみました
  • 優待ポイント減算は悪質な場合を除き今は行わない
  • 不正の線引なんて教えるわけない
  • 不正の温床になりそうな旅行案件は対象外になって少し安心

承認期間が大幅に短縮されるのはユーザーにとっては非常にありがたいシステムですが、個人的にはモッピー側の負担が多くなりそうで心配事の尽きない制度にも見えます。
果たしてこの優待ポイント制度は他サイトが追随するほどの神システムとなり得るのか、はたまた消え行くサービスとなるのか、先のことはわかりませんが、陸マイラーとしては「享受できるうちに享受しておく」というのは鉄則ですので、このシステムが続く間はありがたく利用していくのが得策と言えるでしょう。

※2018年10月1日追記:結果、消えゆくサービスとなりました。非常に残念です。

ではまた!

 

モッピーについての解説記事はこちら↓

解説とかいいから登録はよ!という方はこちら↓
モッピー!お金がたまるポイントサイト

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


ABOUT ME
NECOMUG
NECOMUG
社畜のおっさんですが地道にゆるくマイルを貯めています。 最終的な野望は根室遷都ですよ。