クレジットカード

【追記あり】ぬか喜び。結局Amazonで銀聯カードは使えなかった(当時)

※この記事は約 6 分で読めます。

2017年3月15日からAmazonで銀聯カードが使えるようになったという耳寄りな情報を得たので、早速使ってみました。
今回はその際に起こったドタバタのお話です。

※2018年4月追記
2018年4月にAmazonでANA銀聯カードが利用できることを確認しました。
当記事については当時の雰囲気をお楽しみ下さい。

Amazonで銀聯カードが使えるとの報道

2017年3月15日よりからAmazonで銀聯カードの利用が可能になるという報道がありました。
このニュースには、三井住友カードのANA銀聯カードキャンペーンで使い所に悩んでいた陸マイラーの方々には朗報として受け止められ歓喜に湧いたことと思います。

私もご多分に漏れずこの報道に大喜びしていました。
これまで百貨店の惣菜や紳士服店のビジネス小物などでちまちまと使っていましたが、そんなに頻繁に行くわけでもなく、どうしてもあと7,000円ほどの決済を行う機会もなく困っていたところにこの情報です。喜ばないはずはありません。

ちょうどその時、「ちょびリッチ×テンタメ」にAmazonパントリー限定のビール案件も出ていましたので、日用品や常備食の補充を兼ねてAmazonパントリーを注文することにしました。

Amazonからの非情なメール

ダンボールを99.5%まで埋めて買い物を済ませ、支払方法の選択で銀聯カードを追加します。

しっかり銀聯カードのロゴも表示され、このときはほぼキャンペーンのノルマを達成したことに安堵していました。

しかし数分後、Amazonから妙なメールが届きます。

xxxxxxx様

下記商品のお支払いにご指定いただいたカードについて、現時点では利用承認が得られていないことをお知らせいたします。当サイトで引き続き承認手続きを行いますので、いましばらくお待ちください。

承認が得られた場合は、商品を発送し、その旨をEメールでお知らせいたします。承認が得られなかった場合は、その旨をEメールでお知らせいたします。

お急ぎの場合は、下記のリンクから、同じカードを選択したまま「確定」ボタンをクリックしてください。すぐ再承認の手続きが行われます。また、同じ画面から別のお支払い方法を選択することもできます。

https://www.amazon.co.jp/xxxxxxx

【注文内容】

商品の小計:¥xxxxx
配送料・手数料:¥xxx

合計:¥xxxxx

またのご利用をお待ちしております。

Amazon.co.jp
https://www.amazon.co.jp/xxxxxxxx

※現時点では、カード会社からの承認が得られていないため、出荷手続きを一時停止しています。場合によっては、当初ご案内していたお届け予定日に商品をお届けできない可能性がございます。

※上記の方法で問題が解決しない場合は、カード会社にご連絡ください。連絡先はカード裏面に記載されています。

※個人情報やアドレスなど一部「xxxx」で伏せています。

要は
「カードの承認下りないから決済できてないよ」
「商品の出荷保留してるから」
というお知らせです。

後半部分に、
「急ぎの場合は同じカード選択して確定してくれればいいよ」
と書いてあったので、必ず1回は引っかかる仕様なのかなと軽く考えていました。
そして書いてある通り同じカードを選択して確定し、その後決済方法変更のお知らせだけが届いた後は何もなかったので通ったものと思い商品の出荷を待っていました。

しかし翌日の夜12時前、全く同じ内容のメールがもう一度私に届きました。
何じゃそりゃ!

カード情報などを確認しましたが特に間違いもなく、カードが止められているなどのトラブルもありません。
念のためカード情報を再度入力し直して再度決済を行いました。

その後、また支払方法変更のお知らせだけが届き、また何もなかったのでこれは怪しいと思い翌朝Amazonにログインしてみると、決済が完了していない旨の警告が出ています。

カード情報も確認していましたのでこれはクレジットカード側の問題かと思い、ヘルプデスクに電話することにしました。

PeX交換停止も全く解決していないさなかにまたトラブルとか結構堪えますねえ。しんどい。

デスクに電話→最悪の結果

朝9時からの受付でしたので、仕事からこっそり抜け出し三井住友カードのFor Youデスクに電話します。

三井住友カードのお姉さん(※以下 「三」)「お電話ありがとうございます(ry」

私「かくかくしかじかでAmazonの決済ができないんですが何か問題ありましたか?」

カード番号とフルネームを聞かれた後、担当の方に繋いでもらいました。

三「お電話替わりました(ry」

さらに本人確認のため生年月日と引き落とし口座の銀行名と支店名を聞かれます。
私はたまたま覚えていましたが普段銀行情報は聞かれないので少し焦りました。
問合せをされる方は支店名を控えておくといいと思います。

その後調べてもらうのに待つこと1~2分。

三「お待たせしました。実は銀聯カードには2種類ございまして、お買上げの際にサインと暗証番号の両方で認証を行うタイプのものと、サインのみで認証を行うタイプのものがございます」

私「はあ」

サインだけでいける銀聯カードなんてあるんだなと思いつつ相槌を打ちます。

三「実はこの度Amazonさんでご利用可能になった銀聯カードが、後者のサインのみで認証するタイプの銀聯カードなんですね。ですのでお客様がお持ちの銀聯カードではAmazonさんでのご利用ができないんです。」

なああにいいいいいい!!

私「あーーそうなんですか…。(おいおいってことはあれかい?Amazonは主流のサイン&暗証番号認証タイプの銀聯カードは使えないにも関わらず『銀聯カードウェルカム!』みたいな感じで大々的にドヤってたってことなのかい?)

三「そうですねー。」

私「ちなみに、今私が持っているANA銀聯カードをサインのみで認証できるタイプのものに切り替えることは可能ですか?」

三「申し訳ございません。弊社で発行しております銀聯カードはすべてサインと暗証番号の両方で認証するタイプのカードでして、サインのみで認証するタイプの銀聯カードは取扱いがないんです。」

私「そうですか。わかりました。朝からややこしいこと聞いてすみませんでした。ありがとうございます。」

三「いえいえ、お電話ありがとうございました。」

こんな感じです。
結局ANA銀聯カードをキャンペーンポイント目的で発行した我々陸マイラーにとって、Amazonで銀聯カードが使えるようになったというのは現時点ではただのぬか喜びになってしまいました。
近いうちに両方のタイプの銀聯カードが使えるようになるのを切に願うばかりです。

ANA銀聯カードだけではなく、三井住友カードで発行されている全ての銀聯カードはAmazonで使えないタイプのカードだそうなので、逆にこれ誰が使えるんだレベルのバージョンアップですね。

中国人が発行しているデビットカード型の銀聯カードだと使えるんでしょうか。
それならば今回の改正は日本のAmazonにも関わらず中国人向けのバージョンアップということになるんでしょうねえ。はあ…。

ハッ!
もしかして私が知らないだけで実は使える裏ワザ的なものが存在するのかもしれません。

そしたらもしかすると使えている人がそのうち裏ワザ情報をネットに上げてくれるかも。
吉報を待ちましょう。

ではまた!

※当時の雰囲気はお楽しみいただけたでしょうか? 1年前は大変だったのです。
現在ではANA銀聯カードはAmazonにて利用可能なので、キャンペーンのノルマに困っている方などはAmazonも選択肢になります。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ


ABOUT ME
NECOMUG
NECOMUG
社畜のおっさんですが地道にゆるくマイルを貯めています。 最終的な野望は根室遷都ですよ。